失った歯を再生する治療

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくのは必須です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。
ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
全身麻酔になることはほとんどありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。
それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。
障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが優っていると考えられます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。
入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。
保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。
こちらもどうぞ⇒安全な歯磨き粉でホワイトニング