インプラント治療も失敗のリスクはあります。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。
手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。
義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
こちらもどうぞ>>>>>歯は茶渋を落とす事が困難な場合の対応